脱毛法別に見る脱毛完了までの期間はどのくらい?

各脱毛法によって同じ部位であっても脱毛が完了するまでの期間が変わってきます。そこで、脇を例にとってその違いを見ていきます。

フラッシュ脱毛の場合

フラッシュ脱毛は、この3つの中では1回の脱毛の効果が一番低い脱毛法だと言えます。また、毛周期に合わせてサロンに通うことになるため、1ヶ月の間に何度も脱毛に通えるという訳ではなく、脱毛完了までには長い期間を要することになります。
ですから、いくら脇という比較的面積の狭い部位であっても2ヶ月から3ヶ月に1回のペースで通うとして、脱毛完了までには約3年はかかるということになります。

レーザー脱毛の場合

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも出力が高いということで、その分1回の施術における脱毛の効果も高いと言えますが、やはり毛周期に合わせて脱毛に通わなければならないため、それほど早く脱毛が完了するという訳ではありません。
しかし、フラッシュ脱毛に比べると約半分の期間で終えることができるため、脇ならば約1年から1年半程で脱毛が完了するということになります。

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛は毛周期ではなく毛の量によって脱毛完了までの期間が変わってきます。ですから、脇毛の量がほとんどないという人に関してはたったの1日で脱毛が完了してしまうということになりますし、脇毛がかなりの量生えているという人についてはそれだけ長い期間がかかってくるということになります。
また、脇毛は今まで自己処理をしていたということもあって生えてくる間隔がまちまちになっており、たった今は生えていなくても後から生えてくることもあるので、一本一本処理していくニードル脱毛で最後の一本まで脱毛を完了させるにはかなりの期間がかかると思っていた方がいいです。
しかし、それでも1ヶ月に2回から3回の頻度で通っていれば脇毛の量が多いという人でも約1年程で脱毛を完了することができます。
ですから、ニードル脱毛における脱毛完了までの期間は一概には何年とは言えず、脱毛したい部位に生えている毛の量と、脱毛に通う頻度によって変わってくるということになります。